生活の残り香がしつつ、かつそうした誰もいなくなった風景を目の当たりにするのは恐ろしい。そうした場所に…

生活の残り香がしつつ、かつそうした誰もいなくなった風景を目の当たりにするのは恐ろしい。そうした場所にやってきて今日からここがお前たちの住処だ、と言われた人はどう思ったか。つい此間まで誰かが住んでいた住居に身を下ろした刹那、そこがただの空っぽな場所とは誰も思わなかったことだろう。