ま、夜遊びはほどほどにということでんな。それでも、一年間プラハに引きこもった後では、轟音テクノぱーち…

ま、夜遊びはほどほどにということでんな。それでも、一年間プラハに引きこもった後では、轟音テクノぱーちーなどで一晩踊り明かすというのも、意外に懐かしかったりする。ところで、プルードンの「貧困の哲学」読みたいわー。けど、本邦初訳とな、そいつはしらんかった。なんで、本屋にゴー。