ここのところ、北ボヘミアは極右などによるロマ襲撃など、ネガティヴな話題ばかりを提供していた印象がある…

ここのところ、北ボヘミアは極右などによるロマ襲撃など、ネガティヴな話題ばかりを提供していた印象があるが、こういうソーシャルな実験を行なえる余地と文化的土壌は充分にあるということか。最近のベルリンをみていると、余計そう思う。リベレツなどプラハからもバスで一時間ちょいなのだ。