見渡す限りのゴミの山と麦酒瓶の破片。自転車で地下鉄のGneisenaustr.付近までやった小生はカ…

見渡す限りのゴミの山と麦酒瓶の破片。自転車で地下鉄のGneisenaustr.付近までやった小生はカーニヴァルの後のアフターパーティーなるものに集う人ごみとそのゴミの山、瓶の破片をかけわけるのに、普段ならば数十秒で通過できる界隈をその十倍程の時間をかけて通過。自転車はもちろん肩。