幸神社、京都市上京区、2012年1月。

先日、京都・東山は今熊野、新日吉大社下にあった共同住宅の前にたたずむ猫の写真をポストしたが、小生は、実のところ、猫と愛称が実によろしくない。 かつて、ベルリンに来たばかりのころ、その当時住んでいたフラットの同居人が非常に仕付けの悪い猫を飼っていたのだが、それをめぐり入居して3ヶ月ほどたったころ、その仕付けかたをめぐってすったもんだの大げんかになったあげく、その場で、その家からの一週間以内に退去を告げられたこともあるぐらいだ。 これは独逸のみならず万国共通ともいえるのだろうが、つまり、その同居人は猫を飼っていたのではなく、猫に飼われていたのである。これは、パンク犬に飼われる雑魚パンクという図式と実に酷似している。 以来、猫という動物は不倶戴天の敵となっている。といっても、家で飼わらている猫に関してではあるが。そのせいで、ベルリン来たばかりの最初の1年目のころ家探しで、結果的に、損をしたこともしばしばある。

今熊野、京都・東山、2012年11月。

京都で「野」がつくような地名をあげてみよう。 北野、紫野、蓮台野、嵯峨野、鳥辺野、化野、高野、そして、今日の御題となる場所である、今熊野といったところであろうか。 その京都の「野」がつく地名であるが、現在の京都市内の中では仏教寺院が比較的多く集中する場所でもあり、その大半は観光地としても知られている場所でもある。それらの地名はだいたい京都の歴史的中心部からみるとやや周辺部に位置している。 その中でも、かつて京の七野としられていた場所がある。内野、北野、平野、上野、紫野、蓮台野、〆野がこれにあたるという。これらの地の大半は今の京都市内ではほぼ北区にあたる。