ロナウドか、それとも。

ロナウドか、それとも。

年から年中サッカーばかりみてるわけにもいかぬのだが、やはりサッカーのヨーロッパ選手権のような大きな大会になると、根っからのサッカー馬鹿でもない小生ですら、こういった祭りに参加せぬことには話ははじまらぬ。 すでに前回のユーロから4年がたった。あっという間だった。この4年間になにがあったかも次々に思い出されてくるが、年月の流れは容赦ないもので、現在に喘ぐ小生にそんな暇もない。

ベルリンを聴く。Weinerei, Fehrbelliner Straße, Berlin-Mitte, 2010年3月1日。

最近聞いてみたらおもしろかったのでアップ。これも一年以上前のホームページがクラッシュする以前の記事。 *********************** 昔日本にいるころ良く集音マイクとMDをもってよく東京都内津々浦々をサンプリングと証しながら色々音を集めてまわっていたのだけれど、そんなこと もベルリンに来て以来、いつしかしなくなって久しい。最近、いつももって歩いていたフィルムカメラが二台とも壊れて、すでに2ヶ月くらいになるのだけれど、そんなわけで写真もとらなくなった。デジカメは相変わらず持ち歩いているのだが、当然のことながら満足のいく像はえられないし、最近はやたら動画をとることにしか使っていない。

ベルリンを聴く。(再)    Isländischestraße,  Berlin-Prenzlauerberg, 2010年3月9日午後7時31分。

ベルリンを聴く。(再) Isländischestraße, Berlin-Prenzlauerberg, 2010年3月9日午後7時31分。

崩壊したブログをほったらかしにしておきながら、突然だけれども、今ブダペストにいる。当地寒波到来中。雪も降り止まなかったけれど、今日ようやく雪もやみ、太陽が時折くぐもりがちな空から姿を見せた。それでも、現在マイナス8度。午後10時過ぎ。 ベルリンの12月が極度の寒波、氷点下10度前後の日々で幕をあけ、今冬も昨年同様またしてもベルリン氷河期の中ですごすかと思えば、気もめいらぬ事もなし。8年目突入のベルリンの冬は年を経るごとに厳しさが増すような気がしないでもないが、昨年ようなアイスバーンに足をとられて膝を強打する日々だけは是非とも今年は勘弁していただきたいとともに、定期的な雪かきをベルリン市当局の方にくれぐれも宜しく頼もう仕上げるしだいでございます。今年はとりあえず雪が降る度に雪かきがおかなわれているようで、ひとまず安心。 さて。雪かきで思い出したのだけれど、今年の二月ごろ雪かきの音を収録した音をこのブログにアップしたことがある。