国宝の鐘

久々に更新しておいての御題がむやみやたら唐突すぎるかもしれぬが、ご容赦あれ。 小生こと、この11月を久々に京の都で過ごしておりましたが、かつてその小生も若かりしおりは世間がいう程都の紅葉をあなこれおかし、とおもわないようなちっとも風流でない下賤者でありて、されど10年ぶりに目の当たりにする都の秋はよいものであるなあ、都の山々が紅葉で燃えとる燃えとるなという具合に実家の背後の衣笠山が色づいているのをみて、あなこれおかし、と思うようになったのは、なにも小生がヒップスターどもがかけているようなデカメガネ(やつらがかけているのはだいたい伊達めがねである)をかけはじめてそれに色がついたからではなく、単に10年ぐらいかそれ以上ぶりに京の都の秋を目の当たりにすることになったからからである。