チャリ通たちの蜂起

月に一度に「発生」する自転車の大軍 クリティカル・マスという言葉を初めて耳にしたのは昨年ぐらいのことだった。カリフォルニア出身の女友達が、ベルリンでもここ数年クリティカル・マスという名の自転車デモが「起こる」とようになってきて、数千人サイクリストがベルリンの街中を行く様は壮観だった、と興奮気味に語っていたのが、初めてだったと記憶している。

Anja Lechner & François Couturier-Moderato Cantabile

最近は全く自分の聞く音楽について全く書いてこなかったけれど、久々に素晴しいセッションを耳にする機会に恵まれたので、それについて今日は少し書き留めておきたい。 ECMというミュンヘンをベースにしたレーベルを小生は高校生以来ずっと追い続けている。1969年にマンフレッド・アイヒャーによって創設されたレーベルは当初からジャズを皮切りに、民族音楽から現代音楽まで、ジャンルを超えた音楽を紹介し続けている。特に1984年にスタートしたNew Seriesは創立当時から現代音楽をフィーチャーし続けている。このころまだ世界的には未明であったアルヴォ・ペルトやギヤ・カンチェリといった作曲家をいち早く紹介したのもこのレーベルだ。特に中欧や東欧、あるいは中東・コーカサスといったなかなか他のレーベルでは耳にできない作曲家の作品を重点的に世に問い続けているのもこのレーベルの特質だ。

風雲!パンク城。ベルリン最終攻防戦?

先月のエンガーというドイツ随一のド田舎に関する記事の中で、パンクとそいつらを引き連れる御犬様について言及したので、思い出したが、そういった連中は最近のベルリンでも段々とお目にかかることが少なくなってきた。それも昨今のベルリンの文化的政治的傾向と無縁ではない。 一般的なイメージとして彼らにつきまとうもの。革ジャン。それについているイボイボやトゲトゲ。モヒカン頭。あるいはヤギ頭もしくはヤギのようなひげ。Sternburg、通称Sterniというライプチヒ産の究極のションベンビールを愛飲(もしくは痛飲)。北斗の拳に出てくる雑魚キャラのような風貌、といえば、ご理解いただけるかもしれない。 とはいえ。路上で生活することを強制されている連中もいるので、嘲笑や笑いの種にすることは断じてしたくはない。 ベルリンにはそうした連中が、普通に暮らせる場所がこれまでのことかかない、ということで、ヨーロッパ中もとい世界中から若いパンクやアナーキストたちがベルリンへと自然と集結するようになったのも、今に始まった話ではない。