ダニエル・ドゥフェールによるミシェル・フーコー。

ミシェル・フーコーという思想家が鬼籍にはいって、今年で31年になる。

最近、フーコーの生前の公私におけるパートナーであったダニエル・ドゥフェールが、ドイツはdie Tageszeitung誌のインタビューに応えた。ドゥフェールのインタビュー形式の自伝が、ベルリンはメルヴェMerve Verlagからドイツ語で翻訳出版されたのに際しての行なわれたものであった。

ダニエル・ドフェールは1937年生まれの今年78歳。1926年生まれのフーコーの11歳年下である。ドゥフェール自身も社会学者であり哲学者であるが、なによりも、フーコーの死後、エイズ及びその患者の為に立ち上げたAIDESという組織の発起人としても知られている。

ダニエル・ドゥフェール

ドゥフェール自身によって語られる自身の政治的経歴、そしてフーコーとの公私における関係についての下りは、それだけでも興味深い。特に、フーコーがどれだけ国家権力と日頃から敵対的にあったか、という闘う思想家の一面をかいま見るに充分なエピソードも語られている。

このインタビューでも語られているが、フーコーの政治的にラディカルな側面は、ドイツでは相当な部分で歪曲されて解釈されているというインタビューアーの発言には同意するものがある。最も、それは本邦においても長らく同様であったと考える。もっとも僕らは佐々木中の「夜戦と永遠」なるフーコーにその理論的根拠の多くを見出すことになる稀代の闘争書などを知るわけだが。

このインタビューの中で最も、世界中のフーコー学者あるいはプロパーの関心を惹くべきは、なんといっても、これまで未完かつこれまで未刊行であった「性の歴史」第四巻が近々出版される運びになった、というドゥフェール自身による発言である。

この「性の歴史」の第四巻が「肉の告白」というタイトルであり、フーコーの膨大な遺稿の中に存在していたことは長らく知られていた。しかし、死後の著作の刊行を一切望まなかったフーコー自身の遺言により、遺族が刊行を一切禁じてきたという事情がある。それ故、今日まで幻の著作としてのみ知られてきた。このフーコーの遺稿に関わる一連の経緯もこのインタビューの中で明かされている。

このdie Tageszeitung掲載のインタビューを翻訳したものを以下に公開するので、諸賢には御拝覧願いたく思う。と同時に小生の翻訳における至らぬ点などをご教授願えればと思う。

この未刊行の「性の歴史」第四巻に関しての解説は、英国の地政学者、フーコー学者であるスチュアート・エルデンのホームページであるProgressive Geographiesにある記事(英語)に詳しい。彼曰く、フランスでの出版までには、まず二年は要するだろう、とのことで、それに続くだろう英語、ドイツ語あるいは日本語への翻訳には、さらなる時間が要するものと思われる。因みに、このdie Tageszeitungとドフェールのインタビューを知ることになったのも、このエルデンのサイトを通してだ。

これまでコレージュ・ド・フランスなどでの講義録を通してしか知りえなかった後期フーコーの思想が、彼自身の著作においてどのように表現されているか、ということをようやく知り得ることの意義はいうまでもなく大きい。

ではまた持戒。

ダニエル・ドゥフェール、「フーコーはいつも警察と闘っていた」 by Lügenlernen