ベルリン-ドネツク-エクスプレス: 2012年4月4日午前10時半。ワルシャワ西駅前バスターミナル。

今回の旅の伴侶であるM君は非常に早起きだ。小生が目覚めたころにはもうすでに彼は朝のワルシャワ市中へと繰り出していた。これからの二週間、彼の早起きぶりには感嘆させられることしきりなのだが、やはり旅先での時間は貴重だ。彼の時間の使い方には歴然とした分がある。早寝早起きこそ今回の小生たちのような旅での時間の使い方の黄金律だ。

朝9時。天気はそれほどよくはみえない。曇りがちの空で、窓の下の地面は少しぬれているのがわかった。ポーランドの二日目は雨。リビウもウクライナもまた雨なのか。

小生が朝のシャワーをあびてでてくるころにはM君も帰還。彼はそういえば、今回がはじめてのワルシャワ、だったのだ。朝7時過ぎにでて旧市街方面へと向かいそして今戻って来るという早業ぶり。こうしてあわただしく出発の運びとなった。

小生達は中央駅の前まで徒歩で戻って、そこから市バスでワルシャワ西駅のバスターミナルを目指した。

バスターミナルは相も変わらず雑多な雰囲気がワルシャワ中央駅以上にのこっている。けれど、フリーのWiFiも通じるし、見かけ以上にモダンなところもある。

ポーランドもそうだが、ウクライナも基本的にフリーのワイアレスLANのインターネットにいたるところでアクセスできることは特筆に値する。もちろん、これからウクライナ/ポーランドに赴かれる読者諸賢に置かれては、ラップトップやスマートフォンのセキュリティなどには万全を期していただきたいが。

さて。リビウ行きのバスの時間をみると次は11時発と、小生がネットでしらべた通りであった(それ以外は夜行便が22時過ぎにもう一本と朝9時半にもう一本)。しかし、切符売り場には長蛇の列。ひょっとすると、バスで運転手から直接かえるかもしれない、と思い、M君には窓口の列に立っていてもらい小生だけバス停へと向う。

するとバスはすでに国際線、と書かれたホームに止まっている。車内にのりこむと、前方の席に座っている女性が、チケットは?と尋ねてくる。やはり、窓口で買ってこないとだめなのか、と聞くと、そうだと。

ちなみにここで小生は最初英語で尋ねたのだけれど、反応がなかったので、チェコ語でポーランド語の単語をミックスさせて話したのだが、ポーランドでそれで問題になることはほとんどない。それほどチェコ語とポーランド語は似ている。けれど、それは切符を買ったり、レストランで注文するときぐらいの簡単なやりとり、そして、英語やドイツ語も通じないようなシチュエーションに限ったほうがよい。無論、経験上、チェコ語の方が、ポーランドでロシア語をしゃべるよりも、よっぽどいいことだけはわかっている。ポーランド人に、あれ、あんたポーランド語しゃべれんの?、ときかれても、いやチェコ語、チェコ語、と答えると、ああ、似てるからね、といつもかえってくる。

それでも、もうちょっとポーランド語もできたらいいな、と個人的にはいつもおもっている。

例えば、微妙な基礎語彙の違い、特に数字の読み方なんかは西スラブ系言語、チェコ語、スロヴァキア語と東スラブ系のウクライナ語とロシア語と多少の違いはあっても、経験上お互い通じないことはほぼないと断言してもいいのだが、ポーランド語だけ非常に奇妙な発音の違いがあって、チェコ語やロシア語の数字の発音がポーランドではほとんど通じない。特に基礎語彙の綴り方はにていても、ポーランドの人はポーランド語独特の母音の籠る音のせいか、それをなかなか了解してくれないことも多い。

そんなことをしなくても、ポーランドでは若い人ならば、かなり高い確率で英語でかえしてくれる。もちろん、大きな街とか観光地に限られるけれど。だから、田舎やある一定年齢以上の人には英語はほとんど通用しないとおもった方がいい。それに駅やバスターミナルの切符売り場で英語を喋れる人にはなかなか出会わないことのほうがおおい。

やむえず、ターミナルの切符売り場に送り返された小生たちは、やっぱり案の定というべきか、窓口の長蛇の列に並ぶはめになったのだけれど、はじめにならんだ窓口もいやな予感通り、国際バスのチケットの窓口ではなく、また違う窓口にまた並び直すはめになった。すると、その国際バスの窓口は今度はカードが使えない窓口だったのだけれど、それでも、カードの読み取りのターミナルをうまいこと、窓口間でやりとりしてくれて支払いを済ますことができ、切符はこうして問題なく買うことができた。けれど、色々うまく整備できていない印象が拭えない。

ここでもやはり英語は通じなかったので、チェコ語プラスポーランド語の語彙で話して、無事にリヴィウ(ポーランドではリヴィウのことをかルヴフLwówという)までのチケットを手にいれることができた。

けれど、これで6月以降、ポーランド語どころかチェコ語もロシア語もできないサッカーツーリストに対してどれだけ迅速な対応ができるのだろう、と思う。ユーロ期間中、切符売り場の前には、いつもよりもさらなる長蛇の列ができることは必至だろう。

提言。ポーランド/ウクライナでは移動当日に切符を買うことはできるだけ避けられることをおすすめする。

まあ、切符買うぐらい現地の言葉をしゃべれなくても買えるだろうよ、とは小生は思うのだけれど、ポーランドはともかくとして、ウクライナではやはりなかなかそうでもないようである(もちろん、ウクライナのほうが切符を買うにしてもめんどくさいことがとにかく多い)。実際、小生も、10年以上前に中国にいったとき、小生の全く様になっていない普通話の発音では行き先を相手に了解してもらうことすらできずに切符を売ってもらえず、「はい、次!次!」と言い放たれたとほほな現実にも直面しているので、大口だけはたたかないでおく。

というわけでワルシャワ出発。時間は午前11時を過ぎたところであった。

では又自戒。